グループ
トップへ

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは、株主、取引先、従業員等のステークホルダーをはじめ社会一般からも信頼される企業群となるべく、法令遵守の徹底を図るとともに、経営理念に基づいた適切な業務運営を行うための実効性あるコーポレート・ガバナンスの充実を経営上の重要な課題と位置づけております。
この課題を達成するため、当社グループでは、「法令遵守体制に関する憲章」を制定し、精度の高い法令遵守体制の確立を図るとともに、経営環境の変化に適切かつ機動的に対応できる組織と株主重視の公正かつ透明性の高い意思決定プロセスを導入しております。
※ 法令遵守(コンプライアンス)体制に関する憲章は こちら

コーポレートガバナンス体制図

コーポレートガバナンス体制図

コーポレートガバナンス体制の概要

取締役会は、取締役会規則に従って、経営方針、経営戦略、事業計画、重要な組織や人事などの当社の業務に関する基本的事項を決定するとともに、代表取締役及び各担当取締役による業務執行に対する監視・監督を行っております。
また、監査役は取締役会に出席して必要な意見の表明等を行うほか、毎月監査役会を開催して監査の方針や監査計画等を決定し監査役間で情報交換を行い監査の精度の向上に努めております。更に監査役は、会計監査人(有限責任監査法人トーマツ)及び内部監査室とも連携をはかり、より効果的な監査の実現を図っております。役員報酬については、いずれも株主総会で総額につき決議を得たうえで、取締役分は取締役会決議に基づき代表取締役が、また監査役分は監査役間の協議により、それぞれ適正な配分を行っております。
当社では、社外取締役制度は採用しておりませんが、経営者又は法律専門家としての経験、能力を備えた社外監査役を含む取締役会の開催及び社外監査役を含む監査役による業務監査により経営に対する監視機能は適切に担保されております。